かたやま酒店          鯉川 (こいかわ)   鯉川酒造株式会社  山形県東田川郡庄内町余目

        平成27酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵

HOME   蔵訪問


各商品名の最後に出てくる、『29BY』とか『28BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『29BY』とは、
平成29年の7月から、平成30年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。



注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4082(1.8L)・No4083(720ml)
鯉川 純米吟醸 美山錦 中取り生酒 29BY
       <山形県・鯉川酒造(株)>

淡麗旨口の新酒生


地元庄内産の美山錦で醸し中汲みを取った
生酒の純米吟醸となります。
落ち着いた香り、酸と旨みのバランスの良さが特徴。
口中での味の広がりはゆったりとしており
後口の余韻も酸が少なくさっぱりとした印象を残します。
一言で言うなら “淡麗旨口”のお酒

もちろん、このまま冷やも良いのですが、
香りがおとなしい分、生酒でも燗をすると
味わいが増すというのをお試しいただけます。
封を開けてすぐのお酒より、少し時間を置いて空気に
触れた状態でのお酒も、素晴らしく美味さを発揮します。


スペック
  【アルコ−ル度数】15.3゜ 【日本酒度】+5 【酸度】1.3 【アミノ酸度】0.8
【原料米及び精米歩合】山形県庄内産美山錦 50%精米
 【酵母】 山形県工業技術センター9号
 
【1.8L】2,916(税込) 【720ml】1,674(税込) 


注文のページへ

No4080(1.8L)
鯉川 純米吟醸 亀治好日 28BY
   (かめじこうじつ) <山形県・鯉川酒造(株)>

鯉川らしさが見事に出た1本

昭和56年より、地元で生まれた“亀の尾”を復活栽培し
純米酒を醸す蔵。それが鯉川酒造です。
 
減農薬栽培もしくは無農薬栽培でしか作ることができない
幻の酒米と呼ばれる亀の尾。これは、山形県庄内町で
阿部亀治氏によって生み出された絶品の酒造好適米です。
 
この亀治好日は、地元の亀の尾100%で醸した
純米吟醸で、滓引き後無濾過原酒を一回火入れし
一年寝かせました。寝かせることで、原酒にもかかわらず
ボディに円みと厚みを感じる口当たりとなっています。
香りは控えめな中にも、かすかに蜜柑蜂蜜を思わせます。
口に含むと米の凝縮感を意識し、キレ良くキリリとした
“いわゆる辛口酒” ならではの余韻を残します。
 
特に、燗をすることで味が大きく膨らんでいくのが判ります。
40℃位に燗をすると、その美味しさは絶品。
中華料理や揚げ物、コクのある食べ物との相性の良さから、
食中酒に最適な日本酒と言えるでしょう。


スペック
 【アルコ−ル度数】 15.3゜ 【日本酒度】+5 【酸度】 1.5 【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】 亀の尾55%精米 【酵母】山形酵母
【1.8L】3,240(税込)


注文のページへ

 
No4205(1.8L)
鯉川 新酒純米にごり 琥珀酒 29BY
       <山形県・鯉川酒造(株)>

新酒火入れの 辛口にごり純米

鯉川の地元のみで販売されていた火入れのにごり酒です。
昨年から純米酒規格となりとても評判が良い ということで
当店としては初めて仕入れました。

思えばこの季節、生酒のシュワシュワ系のにごりはあっても
昔ながらの火入れの落ち着いた味わいのにごり酒
それもベタベタと甘くないにごり酒って、意外とないんです。

この琥珀酒は、まさに辛口の純米にごり酒。それも29BYの新酒です。
ですから火入でもフレッシュ感は維持されていて、含むととても爽やか。
口当たりは決して重くなく、余計な甘さを排除した辛口にごり酒です。
このまま常温も良し、もちろん冷やしても、また少し温めてもOKです。 

スペック
  【アルコ−ル度数】15.3゜【日本酒度】+3【酸度】1.5【アミノ酸度】1.4
【原料米及び精米歩合】山形県産米 70%精米  【酵母】山形酵母
【720ml】 994(税込) 


注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4084(1.8L)・No4085(720ml)
特別純米 鯉川 
       <山形県・鯉川酒造(株)>

あえて酒造好適米を使わずに、その年度で適宜
出来栄えの良いお米を使用することで、とても
リーズナブルな価格の特別純米酒となっています。

味的にどうなのかと言うと、これがなかなか良いんです。
精米歩合55%まで磨いてありますので、ほのかに
吟香も感じます。口に含むと、キリッとした酸が心地よく
軽快な辛さが印象的。余韻は爽やかに切れていきますから
決して重い味わいのお酒ではありません。

ただし、あまり冷やして飲まないほうが、本来の旨み
というか、良さを感じやすいでしょう。
常温かぬる目の燗がお奨めです。


スペック
  【アルコ−ル度数】15.3゜ 【日本酒度】+4 【酸度】1.7 【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】山形県産米 55%精米
 【酵母】 山形県工業技術センター9号
 
【1.8L】2,484(税込) 【720ml】1,404(税込) 

HOME