かたやま酒店          鯉川 (こいかわ)   鯉川酒造株式会社  山形県東田川郡庄内町余目

        平成27酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵

HOME   蔵訪問


各商品名の最後に出てくる、『29BY』とか『28BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『29BY』とは、
平成29年の7月から、平成30年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。



注文のページへ

No4096(1.8L)
特別純米酒 黒鯉川 29BY 
       <山形県・鯉川酒造(株)>

派手さを排除した“大人の辛口”
秘密の黒鯉川 限定数にて今年も入荷


この純米酒は、蔵元の佐藤社長自らの感性で
幾種類かの純米吟醸、純米酒をブレンドし試飲したのち
瓶詰めされたもので、限定数での発売です。
スペックに関するデータはすべて内緒のブラックボックス。
それは飲み手の皆様に先入観なしで愉しんでいただきたい
という蔵元の想いからくるもの。

香りは、スマートな白檀にも似た芳香が静謐に立ちます。
含むと、一途に純米らしい辛口タイプであることを認識し
ほのかな酸とクリアーですべすべとした口当たりが印象的。
喉越し軽快なれども太さも残す旨口。
そして温もりのある後口に、ブレンダ―佐藤社長の
思い入れが伝わります。

このまま 冷やも良し、冷しても良し ぬる燗もまた良し。 


スペック
 【アルコ−ル度数】16〜17゜ 【日本酒度】 【酸度】 非公表
   【原料米及び精米歩合】 酒造好適米60%精米  【酵母】非公表
【1.8L】2,700(税込)


注文のページへ


注文のページへ
720mlカートン入り
 
No4098(1.8L)・No4099(720ml)
鯉川 純米大吟醸 Beppin雪女神 金賞受賞酒 29BY
       <山形県・鯉川酒造(株)>

平成30年全国新酒鑑評会金賞受賞
雪女神・純大・金賞タンクより瓶詰め

このお酒は鯉川酒造さんが、今年の全国新酒鑑評会に
地元の酒米 雪女神を100%使い、純米大吟醸で出品し
見事に金賞を受賞されたお酒のタンクよりビン詰めされた一品です。

純米大吟醸ならではのフルーティな香りが穏やかに立ち
清楚な甘みが口中でふくらみ、含み香も最高に美麗。
キレの良さは言うまでもありません。

鯉川さんは燗を推奨する蔵ですが、このお酒だけは
冷やしてお楽しみ下さい。 と蔵元もおっしゃいます。

そしてTin Pan Alley Tokyo の阪本正義氏デザインの
べっぴんさんラベルも  素敵です。

スペック
  【アルコ−ル度数】16.3゜ 【日本酒度】+1【酸度】1.4【アミノ酸度】0.9
【原料米及び精米歩合】山形県産雪女神 40%精米
 【酵母】 山形県工業技術センター9号
 
【1.8L】5,400(税込) 【720ml】3,240(税込)  


注文のページへ

No4202(1.8L)
鯉川 純米吟醸 亀治好日うすにごり 29BY
   (かめじこうじつ) <山形県・鯉川酒造(株)>

井上農場産『亀の尾』100%のうすにごり酒
限定発売

“食べた人が幸せを感じる農作物”を育む山形県鶴岡市の
井上農場で特別栽培された亀の尾で醸造され
一回火入れ後適度に熟成されたうすにごりの純米吟醸です。

香りは清楚で穏やか。
含むと、マイルドな旨みが綺麗に流れて行きスッキリ
かつ艶々とした感触がほとばしります。
うすにごりにする意味は、辛口のお酒に滓をからませることで
熟成時の味わいの深みを醸し出すためだそうです。

ですから、酸味や雑味は皆無。
適度に熟した旨みを漂わせながらほのかな甘みも顔を出し
キリリとした硬派な純米酒の余韻も残します。
このまま冷やも良し、ぬる燗もまたお奨めです。


スペック
 【アルコ−ル度数】 15.3゜ 【日本酒度】+5 【酸度】 1.4 【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】 亀の尾55%精米 【酵母】山形酵母
【1.8L】3,240(税込)


注文のページへ

 
注文のページへ
No4080(1.8L)No4081(720ml)
鯉川 純米吟醸 亀治好日 28BY
   (かめじこうじつ) <山形県・鯉川酒造(株)>

鯉川らしさが見事に出た1本

昭和56年より、地元で生まれた“亀の尾”を復活栽培し
純米酒を醸す蔵。それが鯉川酒造です。
 
減農薬栽培もしくは無農薬栽培でしか作ることができない
幻の酒米と呼ばれる亀の尾。これは、山形県庄内町で
阿部亀治氏によって生み出された絶品の酒造好適米です。
 
この亀治好日は、地元の亀の尾100%で醸した
純米吟醸で、一回火入れし一年寝かせました。
寝かせることでボディに円みと厚みを感じる口当たりとなっています。
香りは控えめな中にも、かすかに蜜柑蜂蜜を思わせます。
口に含むと米の凝縮感を意識し、キレ良くキリリとした
“いわゆる辛口酒” ならではの余韻を残します。
 
特に、燗をすることで味が大きく膨らんでいくのが判ります。
40℃位に燗をすると、その美味しさは絶品。
中華料理や揚げ物、コクのある食べ物との相性の良さから、
食中酒に最適な日本酒と言えるでしょう。


スペック
 【アルコ−ル度数】 15.3゜ 【日本酒度】+5 【酸度】 1.5 【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】 亀の尾55%精米 【酵母】山形酵母
【1.8L】3,240(税込) 【720ml】 1,944(税込)  


注文のページへ

 
No4205(1.8L)
鯉川 新酒純米にごり 琥珀酒 29BY
       <山形県・鯉川酒造(株)>

新酒火入れの 辛口にごり純米

鯉川の地元のみで販売されていた火入れのにごり酒です。
昨年から純米酒規格となりとても評判が良い ということで
当店としては初めて仕入れました。

思えばこの季節、生酒のシュワシュワ系のにごりはあっても
昔ながらの火入れの落ち着いた味わいのにごり酒
それもベタベタと甘くないにごり酒って、意外とないんです。

この琥珀酒は、まさに辛口の純米にごり酒。それも29BYの新酒です。
ですから火入でもフレッシュ感は維持されていて、含むととても爽やか。
口当たりは決して重くなく、余計な甘さを排除した辛口にごり酒です。
このまま常温も良し、もちろん冷やしても、また少し温めてもOKです。 

スペック
  【アルコ−ル度数】15.3゜【日本酒度】+3【酸度】1.5【アミノ酸度】1.4
【原料米及び精米歩合】山形県産米 70%精米  【酵母】山形酵母
【720ml】 994(税込) 


注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4084(1.8L)・No4085(720ml)
特別純米 鯉川 
       <山形県・鯉川酒造(株)>

あえて酒造好適米を使わずに、その年度で適宜
出来栄えの良いお米を使用することで、とても
リーズナブルな価格の特別純米酒となっています。

味的にどうなのかと言うと、これがなかなか良いんです。
精米歩合55%まで磨いてありますので、ほのかに
吟香も感じます。口に含むと、キリッとした酸が心地よく
軽快な辛さが印象的。余韻は爽やかに切れていきますから
決して重い味わいのお酒ではありません。

ただし、あまり冷やして飲まないほうが、本来の旨み
というか、良さを感じやすいでしょう。
常温かぬる目の燗がお奨めです。


スペック
  【アルコ−ル度数】15.3゜ 【日本酒度】+4 【酸度】1.7 【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】山形県産米 55%精米
 【酵母】 山形県工業技術センター9号
 
【1.8L】2,484(税込) 【720ml】1,404(税込) 

HOME