2003.01.26.(日) かたやま酒店・旭屋酒店 共催

HOME

 

画像をクリックすると拡大されます。

2002年の見学会

2001年の見学会

今年も、恒例の開運蔵見学会を、1月26日の日曜日に開催致しました。
当日は曇天でちょっと肌寒い日でしたが、各地からお集まりの31名の
お客様と共に、充実の一日を過ごすことが出来ました。

参加者は、倉敷市、枚方市、京都市、川崎市など県外からお越しいた
だいた方や、ネットでお申込みの地元のお客様も混じえ全部で21名。
それに旭屋酒店さんのお客様が10名の合計31名です。県外の遠くから
お越しになるお客様の比率が、年々アップするのは、とてもうれしい事です。

旭屋さんの奥さんと、うちの奥さん、そして私の3人で掛川駅にてお客様
をお出迎えし、定刻よりやや遅れてバスは出発。開運の蔵まで、20分あ
まり。蔵に着くと、土井社長と波瀬杜氏が、出迎えてくださいます。今は、
大吟醸の仕込みの真最中で、こんな時期に大勢でお邪魔するのは気が
引けるのですが、快く受け入れていただくお蔵の姿勢にはいつも頭が下
がります。

蔵をあとにし、バスはいよいよ宴会場の「つま恋」へと出発します。ヤマハリゾ
ートのつま恋は、スポーツ施設からホテル、温泉となんでもあるリゾート地です。
宴会は和食堂の桜の間にて午後1時から始まりました。

窓越しに日本庭園を楽しむことのできる、落ち着いた雰囲気の宴会場。
ここの昼御膳は、量こそ上品ですが、味はなかなかのグレードの高い和食
です。私たちが持ち込んだ日本酒もしっかりと管理し、行き届いたサービスを
していただき、深く感謝いたします。

持ち込んだ宴会用のお酒は、全部で4種類。開運特撰純米吟醸、開運
無濾過純米、遠州の四季生ざけ、特別本醸造遠州の四季(燗用)。
そして特別アイテムとして、土井社長ご持参の“しぼったばかりの純米吟醸”
があり、このお酒で乾杯をしました。この純米吟醸は、タンクからすくって
手詰めしたもので、旨みのほとばしる、それはそれはおいしい非常にレアな
お酒でした。市販酒では絶対に味わえない、今回の参加者の方だけの特権
です。

もちろん、無濾過純米や特撰純米吟醸も抜群の旨さで、和食との相性も良く
料理の味わいを見事に引き出していました。遠州の四季・特別本醸造は、その
まろやかさが特徴で、ぬるめの燗をつけて出したのですが、とても評判が良か
ったです。

宴もたけなわとなり、いよいよきき酒テストの結果発表。3名の正解者の方には、
土井社長より特別に、写真家の名智健二氏撮影の「開運絵葉書12枚セット」が
贈られました。土井酒造場の様々な風景が写し出されている、とても素敵な写真
ばかり。特にカバー写真裏の、土井社長と波瀬杜氏が二人で写っている表情が
いいですね。

そして今回も、波瀬杜氏の自筆サイン入り色紙を抽選で10名の方にプレゼントする
抽選会を行い、場が非常に盛り上がりました。

最後に、今回の見学会も計画どおりにスムーズに開催できました。これもひとえに、
参加されたお客様、土井酒造場の皆様、つま恋のスタッフの方々。すべての人の
協力の元で成し得たことと深く感謝いたします。この場を借りてお礼申し上げます。

蔵ではお客様を2つのグループに分け、一方が見学している間、一方は
きき酒テストにチャレンジしていただきました。純米酒・しぼりたて原酒・
生酒・本醸造の4種類の酒をきき、同じ酒がある別の器と結びつけるテ
ストです。今年の正解者は3名とちょっと少なかったです。難しかったかな。
なお、正解者の方には、お蔵から素敵なプレゼントが用意されています。

蔵の案内人は、土井社長。精米室、釜場、酒母室、麹室、発酵タンク、搾
りの部屋、大吟醸のタンク、そして浄化設備などなど、すみからすみまで
案内していただきます。

この蔵は、毎年新しい設備が導入されるのですが、今年は蒸米を急速に
冷しながら移動させる、新型のエアーシューターが設備されていました。
作業効率が格段にアップしたそうです。もちろん、品質の向上にも寄与する
事でしょう。 

ひととおりの見学が済み、門の前で記念撮影。波瀬さんとツーショットで撮る
方もいらっしゃいます。そして、帰り際にお客様には蔵からお土産が。大吟醸
の酒粕です。この大吟醸の酒粕は、香りが華やかでしっとりとしていて、普通
の粕とは別物です。皆さん、大喜びでした。

HOME

参加されたお客様から、メールをいただきました。ご本人の了解を得て掲載いたします。

『今日の蔵見学は奥様共々本当にご苦労様でした。土井酒造場は想像したほど大きく
なくて、お酒の質と量を維持している事に驚きました。また多くの見学者に対しての
対応も慣れておられて、丁寧な説明に頭が下がる思いでした。しかも吟醸を仕込んで
いる真っ最中にも関わらず、余裕を持った姿勢は波瀬杜氏と共に土井社長さんの人物
の大きさを見たようでした。
 
「開運」のお酒は本醸造、純米クラスは初めて飲みましたが、とにかく飲みやすく、
飲み飽きしない旨さがあって、無濾過生原酒はお米の旨味がとても良く出ていたと
思いました。純米吟醸は流石の旨さです。お酒も料理も大変満足しました。
 
遠路遥々静岡に行った甲斐がありました。本日は本当に有難う御座いました。』
                               倉敷市 本田 誠様より

開運酒蔵見学会に大阪から父と一緒に参加したY子です。
この間は本当にお世話になりました。
おかげでますます日本酒が大好きになって、さらに興味を持つようになりました。
日本酒つくりには以前から興味があったのですが、
目の前で造っているところを見るという体験は初めてでした。
こんな場所で、こんな人が、こんなに大切にお酒を造っているんだ
っておもったら、
 
すっごい感動してちょっとだけ泣いちゃいました<(_ _)>

そのくらい、日本酒を造る過程がとても繊細できれいで神秘的だったんです。
あたしは絶対、将来はこの道へ進みたいとさらに強く願うようになりました。
やっぱり百聞は一見にしかずですね(笑)

今まで興味があったので日本酒に関する本やHPを見ていたのですが、
人によって同じことでも書き方が微妙に違うのでよくわかりませんでした。
造っているところを目の前にしたり、実際味を確かめてみるとなると、
体をとおして直接伝わってきました。
この見学会に参加してよかったです。(#^.^#)
 
酒蔵見学だけじゃなくて、宴会も楽しかったです☆ミ
来年もこの見学会をするときいたので、また是非参加したいです。』
                                    大阪府 Y子様より

『おかげさまで昨日は娘と一緒に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

造る人に会い現場を見て感動。改めて開運ファンになった気がします。
娘は波瀬さんの色紙を貰って大喜びです。早速自分の部屋に飾っています。
その上土井社長が締めていたネクタイまで貰ってしまい、
社長はノーネクタイで帰られたのですよ。

開運ファンの方と交流出来ましたことも、今回の収穫です。
最後は時間が無くて名残惜しいくらいでした。
今度は開運を呑みながらゆっくりジャズやオーディオの話をしたいですね。

ほんとうに今回は楽しい時間をありがとう
またの機会もよろしくお願いします。』

                            
Y子様のお父様より

1日楽しませてもらいました。。
各地の蔵も何度か行った事がありますが、観光のついでですから
あんな、タンクの中をのぞかせてくれるなんてないですもんね。。
大吟醸のタンクの中はいい香りで一杯でした!
いいお酒が育ってるんだな〜☆って、感心して見させてもらいました。。

連れの友達も、「こんなにお酒だしていいの?」って不思議がってました。
つま恋さんのお料理も大変結構でした。
最初にあった、オクラの海鮮サラダ気に入ったので、さっそくうちでも
作ってみました。
それと大吟醸の粕汁! たまんないっすね! あったまりました☆
                           

                                  まりんか様より