第1回 はこちら
第2回 はこちら
第3回 はこちら
第4回 はこちら
第5回 はこちら
HOME
    

【第16回】♪JAZZを聴きながら♪

         主催 粋遙倶楽部 すいようくらぶ  2015.10.25. 

第6回 はこちら
第7回 はこちら
第8回 はこちら
第9回 はこちら
第10回 はこちら
第11回 はこちら
第12回 はこちら
第13回 はこちら 
第14回 はこちら 
第15回 はこちら 

@


秋恒例の大人気イベント 『ジャズを聴きながら開運を楽しむ会』
今年も10/25の日曜日に、浜松市田町のダイニングレストラン
 ハートランドにて、開催致しました。

113名のお客様と、開運の土井清幌会長、土井弥市社長にもお越しいただきました。
音楽は、若きジャズシンガー 飯田さつきさんをお招きし
演奏は 森下滋さん(ピアノ)、中林薫平さん(ベース)、藤井学さん(ドラムス)のお三方による
キレのある演奏に酔いしれ、日本酒と料理と音楽で最高に盛り上がりました。

飯田さつきさんは、ミュージックペンクラブ音楽賞を受賞されるなど、専門家に高い評価を
受ける “きさくな実力派” でいらっしゃいます。
ご参加いただいたお客様、本当にありがとうございました。
当日の準備から、イベントの様子などをまとめましたので、ご覧下さい。
写真協力 K氏に感謝

会場はいつもの ハートランド
二階ホール。
本来はビアレストランである
会場に開運を大量に持ち込み
開催する日本酒イベント。
スタッフの皆様には
心より感謝いたします。
 
  ピアノに映る開宴前のホール 
テーブルにはあらかじめ
グラスとお猪口
タンブラー、お酒と
お料理の説明書を
セットしておきます。
タンブラーは開運の
仕込み水用。
  まずは粋遙倶楽部のスタッフが
当日お出しするお酒の準備
から始めます。
1.8L瓶のお酒を、720mlの
洗浄瓶に詰め替える作業から。
酒名を記した首かけも用意し
お酒を入れてスタンバイOK。
  

乾杯のお酒
土井会長と社長が見守る中
波瀬正吉純米大吟醸斗瓶取り
を人数分ワイングラスに
注いでおきます。
これは開宴30分前のお仕事。
受付はいつものお二人
テキパキと動いてくださり
とても助かります。
さつきさんら、ミュージシャンの
皆さんが会場入り。
リハが始まりました。
   受付の横には
CD販売コーナーを設けます。
さつきさんと藤井さんのアルバム。
   準備は整いました。
5時半 開場の時間です。
お客様が続々とご入場。
 
   ウエルカムドリンクは
いつものように
開運の仕込み水
  テーブルも準備万端
午後6時酒宴のスタートです。
まずは、MCの御挨拶から。

  土井会長と弥市社長にも
ご挨拶をいただきました。
主催者である粋遙倶楽部の
酒屋さんたちも一言御挨拶。
ようやく乾杯
各テーブル 賑やかに宴が
始っています。

 
 土井会長もお客様と和やかに
  ワイングラスのお酒は
波瀬正吉 純米大吟醸
斗瓶取り生酒 です。
  小鉢  菊花のゼリー寄せ
    牛蒡の土佐煮
    金時人参の甘酢漬け
    柿の白和え
    蕎麦の実なめこ
  つづいて 烏賊のお刺身
前半のお酒 左から

◎波瀬正吉 純米大吟醸
斗瓶取り生酒酒 

     1.8L  10800円 
今年の静岡県清酒鑑評会にて
土井酒造場さんは純米・吟醸
両部門で知事を受賞されました。

   
◎呑み切り一番
特別本醸造
 
 1.8L 2068円
大吟醸のあとに飲んでも
決して見劣りしないのが開運。

◎呑み切り一番
特別純米酒
 
 1.8L 2700円 
流麗な口当たり ゆかしい旨味
上質の余韻が特徴の
売れに売れている1本。
  カリカリインカポテトと
香味野菜のサラダ
  蓮根焼売
  後半のお酒は
◎初蔵純米中汲み生原酒 
 1.8L 3240円

氷温で半年寝かせたことで
旨みの凝縮感を感じます。 
◎開運 特撰純米吟醸
700klのタンクで小仕込みする
純米吟醸は、純米大吟醸と
言ってもいいぐらいのグレードを
持っているお酒です。
鶏肉ときのこの醤油麹焼き
蟹と辛し明太子の湯葉春巻
鮭と蒟蒻の炊き込み御飯

汁物  百合根の澄まし汁

《漬物》
柚子大根


毎回違うメニューで
限られた予算で
よくぞ作っていただくと
料理スタッフの皆様には
感謝感謝です。

これらのメニューを順次
テーブルに出していただくので
日本酒との相性も良く
大満足でした。
   この日の 日本酒ラインナップ
燗酒としてお出しした
遠州の四季 特別本醸造
が写っていないので
全部で6種類の開運を
ご堪能いただきました。
  そろそろライブへと
まいりましょう。
ライブの様子は 次のページをご覧ください。
次ページAに続く