かたやま酒店          十六代九郎右衛門    湯川酒造店  長野県木曽郡郡木祖村薮原1003-1

HOME

名古屋からJR中央本線の松本行きに乗り換え、約1時間50分の電車旅。かつて芭蕉が詠み、広重が描いた信州木曽街道。 その木曽谷の
奥深く、薮原宿の片隅に湯川酒造店はあります。酒蔵の立地は標高936m!「日本で最も星に近い酒蔵」というキャッチコピーも素敵です。
酒造期中の12月~2月頃にはマイナス18℃まで気温が下がるそうで、さすがに「酒は寒造りが良い」とはいえ、この条件では逆にモロミを
暖なければいけないという不利な 条件。そんな「酒造りにも適していない」「米作り にも適していない」土地で、創業は1650年より370年近くも
続いているのはなぜだろう?まさに銘柄名とおり十六代にも渡り、その土地で日本酒が必要とされてきたワケは何だろう?
それがこのお酒のテーマであります。

 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ

 
注文のページへ


注文の
ページへ
 
No1966(1.8L)・No1967(720ml
十六代九郎右衛門 くだもの
「するりとピンクグレープフルーツ」生酒

ピンクグレープフルーツのような
甘苦い味わいの逸品

くだものシリーズの候補として仕込まれたお酒は
「桃 のようで さくらんぼ のようで 柑橘みたいな味もする」
でも杜氏さんの答えは 「ピンクグレープフルーツ」。

派手な香りが発つのか・・と想像していたら
グラスから漂うそれは意外と清楚です。
日本酒度-5.7ですからギトギトに甘いのか・・
と想像していたらやわらかい口当たりでかすかに甘い程度。
程よい酸が官能的に感じる甘さをうまくセーブしてくれています。
やがて後からピンクグレープフルーツ
のような
やさしい苦みがほのかに押し寄せます。

ゆるゆると飲んでいると香りが変化して
完熟モモ、バナナ、
かすかにイチゴとも。
ブレンドのお酒ですから、いろいろな味を
感じる
ことのできる楽しさもありますね。

アル分13.8の低アルコールで甘と苦のバランスが杯を進めますから
お酒だけでどんどん飲めてしまうのが特徴。
酷暑の夏にキュッと冷やして飲みたくなる最高の逸品です。

スペック
 【アルコ-ル度数】13.8゜【日本酒度】-5.7【酸度】1.85【アミノ酸度】1.47
【原料米及び精米歩合】愛山・金紋錦・美山錦・山恵錦 65%精米
【酵母】それぞれ異なり4種類
 【1.8L】3,490(税込)      【720ml】1,835(税込)   

HOME