かたやま酒店   望(ぼう)   株式会社 外池(とのいけ)酒造店   栃木県芳賀郡益子町塙333番地1

 
外池酒造店は1937年(昭和12年)益子の地に分家という形で「外池酒造店」を創業。
当初の銘柄は「八千代鶴」。しばらくして「燦爛」に変わりました。
現在の蔵元は3代目の外池茂樹氏です。
外池酒造店には、「燦爛」「外池」「望」という3つのブランドがあり
そのうち「望」は
限定流通ブランドとして2012年にスタートしました。
望シリーズはすべて無濾過で
アルコール16度の原酒というのが決まりです。
口に含んだ瞬間に「パッ!」と弾ける
ような明るい印象のお酒。
そんな「すがすがしい透明感と、淡麗かつ芳醇な
丸い甘み
がクセになる美味しさ」を最大限に活かし
表現したオリジナルのお酒が、この望となります。

HOME


各商品名の最後に出てくる、『3BY』とか『2BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『3BY』とは
令和3年の7月から、令和4年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ



注文のページへ

No4727(720m)
(ぼう) くだもの 「ベルガモット&ライチ」特別純米生酒
       <栃木県・益子町・(株)外池酒造店>

スマートで柑橘のような爽やかなニュアンス

生原酒ですので、望らしいシュワッとガス感のあるフレッシュな
印象はそのままに、五百万石と6号系酵母ということから
スマートで柑橘のような爽やかなニュアンスを感じます。

グラスの中で香りが膨らみ、ベルガモットいわゆるアールグレイ
の香りがふわっと鼻奥に心地よく 広がります。
含み香はライチやヨーグルト、ラムネの香り。

ピチピチと したガス感がフレッシュ感を演出し
ふわっとした甘みは感じるものの
グレープフルーツやレモンのような柑橘系
の酸味が味を引き締めます。

暑い時にはしっかり冷やしてさっぱりと。
すこし気温が下がる夕方には若干温度を上げてまったりと。
アフタヌーンティーならぬ、アフタヌーンサケとしてオススメ。
ワイングラスで飲んでいただきたい1本です。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜【日本酒度】-5.5【酸度】1.9
【原料米及び精米歩合】 栃木産五百60%精米
 【酵母】栃木県で6号系から分離した初挑戦酵母
 【720ml】1,980(税込)    



注文のページへ

No4721(720m)
(ぼう) スプラッシュ 純米大吟醸 火入 3BY
       <栃木県・益子町・(株)外池酒造店>

シュワッとフルーティ&ジューシーなお酒です。

すがすがしい透明感と、淡麗かつ芳醇でまるい甘みに
彩られた美味しさが際立つ完成度の高い味わいです。


香り系の典型ともいえる青リンゴや洋梨のような爽やか
かつスイートな香りに、ガス感と旨味=甘みが相まって
ラムネのようなイメージも感じます。

チリチリとしたガス感と、丸みのあるリンゴのような甘みが
口中で相反しながら躍動する感覚がとても面白く
苦渋もしっかりと抑えられ、余韻を保ちながら消えていく
まさにシュワッと「フルーティー&ジューシー」なお酒です。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜【日本酒度】-4【酸度】1.5【アミノ酸度】1.0
【原料米及び精米歩合】 とちぎの星 50%精米  【酵母】T-ND&M310
 【720ml】1,760(税込)    

HOME