かたやま酒店         白隠正宗 (はくいんまさむね)  高嶋酒造(株) 静岡県沼津市原354-1

HOME  蔵を訪れました。

各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、翌年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。



注文のページへ

 
注文の
ページへ
No4060(1.8L)・No4061(720ml)
白隠正宗 純米生原酒 新米新酒誉富士 30BY 
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>

30BY新酒生酒 フレッシュ端正な味わい

静岡県の酒造好適米 誉富士の新米を全量使用。

香りは穏やかで、しぼりたて特有の麹香も控えめです。
ただ、フレッシュなリンゴジュース様の芳香が
かすかに漂います。
含むと、新酒ならではのスマートさがあり
やがてまろやかに旨みが広がります。
ほどよい酸味が隠し味となり、米の旨み=甘みが
艶やかに顔を出し含み香もさわやか。

後口がさっぱりとして端正なのは、誉富士の特徴でしょうか。
キレよく余韻が静かに治まります。


スペック
  【アルコ-ル度数】16゜【日本酒度】【酸度】非公開
【原料米及び精米歩合】静岡県産誉富士 60%精米 【酵母】 静岡NEW-5
 【1.8L】3,024(税込)     【720ml】1,512(税込)

 
注文のページへ

No4063(720ml)
白隠正宗 秋あがり 生もと純米酒 29BY 
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>

秋の食材に合わせたい 生もと純米

富士山の伏流水 静岡酵母 しぼりは槽 と
昔ながらの造りで丁寧に醸した 生もとの秋あがり。
やや辛口でまるい旨みを堪能できるお酒です。
このまま常温でも、燗をしてもOKの、秋の食材に
合わせたい純米酒として、お奨めします。


スペック
  【アルコ-ル度数】15゜゜【日本酒度】+8【酸度】
【原料米及び精米歩合】 誉富士65%精米 【酵母】 静岡NEW-5
  【720ml】1,431(税込)


注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4042(1.8L)・No4043(720ml)
白隠正宗 純米酒 生酛 誉富士 
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>
【アルコ-ル度数】
15~16゜
【日本酒度】 +6
【酸度】 1.4
【原料米及び
精米歩合】
誉富士
65%精米
【酵母】
静岡酵母
NEW5
山廃から生酛へ

高嶋酒造さんは、山廃造りを止めて生もと造りに
切り替えました。米は静岡県産の誉富士。

味わいはより濃厚で、生もと独特の米を意識する
旨みがプラスされています。

適度な酸がいい味わいを出しており
含み香に艶と太さを感じさせるところが
このお酒の特徴と言えるでしょう。

【1.8L】2,862(税込)
【720ml】1,431(税込)


注文のページへ

No4034(1.8L)
白隠正宗 誉富士純米酒 
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>
【アルコ-ル度数】
15~16゜
【日本酒度】 +3
【酸度】 1.7
【原料米及び
精米歩合】
  誉富士
60%精米
【酵母】
静岡酵母
NEW-5

静岡県産好適米
 誉富士使用の純米酒

静岡県で栽培された誉富士を使用。
透明感を感じつつも、独特の旨みと厚みが
隠し味となっており、キレもある佳酒です。

きれいな含み香を感じたり、キレがとてもよかったりと、
パストライザーによる瓶燗火入れのメリットが
お酒にしっかりと反映されています。

【1.8L】2,621(税込)


注文のページへ

No2031(720ml)
白隠正宗 あまざけ
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>

米麹と水だけで造られた
ノンアルコール飲料

あまざけは “飲む点滴” と言われるほどに栄養価の高い飲み物。

この白隠正宗のあまざけは、米麹と富士山の伏流水だけで
丁寧に仕込まれており、自然の甘さが艶やかでとても美味しいです。
砂糖や保存料はもちろん無添加。
ですから、要冷蔵で賞味期限も5か月となります。

 【720ml】1,080(税込)


注文のページへ

No4036(1.8L)
白隠正宗 少汲水純米酒(しょうくみみず) SeasonⅣ 
       <静岡県・沼津市原・高嶋酒造(株)>
【アルコ-ル度数】
14~15゜
【日本酒度】 +5
【酸度】 1.3
【原料米及び
精米歩合】
  麹:静岡県産山田錦
65%精米
掛:あいちのかおり
65%精米
【酵母】
静岡酵母
NEW-5

汲水歩合を低くして醸した
火入れの純米酒

汲水歩合とは、仕込みに用いる米に対する水の量の
割合で、標準的な日本酒の場合は130~140%です。
この少汲水純米酒は約100%と低く、水を少なくして
仕込むことで、味の濃い昔ながらのお酒の味わいを
復元し、今回で6シーズン目となりました。

実際に口にすると、ただ濃厚なだけのお酒ではなく
ほどよい酸味があり、米のエキス、乳清の風味を丸く感じます。
香りは、静岡酵母らしく穏やかに立ち、かしわ餅にも
似た和菓子を連想するアロマがあります。

今年のお酒は、昔らしさを強く感じます。
味の巾もあり、丁寧に造られたことが実感できます。
冷やもいいですが、燗をしてもしっかりと
味のノリが感じられます。

【1.8L】2,376(税込)

HOME