かたやま酒店   西條鶴(さいじょうつる) 西條鶴醸造 広島県東広島市西条本町9-17

 
創業明治37(1904) 年。神戸の灘と京都の伏見と並び、「日本三大酒処」のひとつに数えられる
東広島でも西条酒蔵通りと呼ばれる多くの酒蔵造が存在する中のひとつに西條鶴酒造はあります。

最盛期は3000 石以上の生産量を誇っていましたが、現在は700 石。
ほぼ問屋流通だった商品ラインナップから、養子である伊野本真彦専務が6 年前より
限定流通で「無濾過シリーズ」を発売開始。
その頃から少しずつ酒質を向上させ、近年では酒好きの間でも
「最近の西條鶴は変わった」という高評価を得ておられます。


HOME


各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、平成31年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。

 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ


注文のページへ

 
No4856(1.8L)
西條鶴 純米吟醸 「真骨頂」 直汲み生 30BY
      <広島県・東広島市・西條鶴醸造>  

落ち着いた香りでより食中酒

広島県造賀地区の特定農家で栽培した
中生新千本のみを使用し55%精米にて醸されました。

イチゴのような甘酸っぱいチャーミングさは
残しながらも、 梨、 ラムネ、 柑橘のような
透明感のある香味も感じますが、概して穏やか。

含むと、舌の上で認識できるガス感はごくわずかで
トロリと甘く余韻が長いという印象があるものの
よりシャープにスッキリと仕上がっており
同時に丸い酸味も感じるため ローストビーフなどの
肉料理やフルーツを使用した料理などとの相性が
良いのではないでしょうか。

ラベルは鹿児島県出身の墨絵アーティスト
西元祐貴氏の作品です。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜ 【日本酒度】-3 【酸度】2.2
【原料米及び精米歩合】広島県産中生新千本 55%精米
 【1.8L】3,240(税込)


注文のページへ

 
No4851(720ml)
西條鶴×TOMOE フュージョン “Light”
      <広島県・東広島市・西條鶴醸造>  

西條鶴の純米原酒13゜を赤ワイン樽にて7カ月熟成

広島県三次市の三次ワイナリーでは、地元の風土を生かした
本格的ワイン「TOMOE」シリーズという品があります。

そのTOMOE シリーズの役目を終えた赤ワイン用の樽に
西條鶴酒造の純米原酒プレミアム13 という低アルコール
酒を詰め、7か月間樽熟成させたのが、このお酒です。

樽そのものは高級オーク樽で、シャルドネ、セミヨン、メルローと
8年に渡り活躍したもので、殺菌のために2 回ほど湯煎処理が
施され、甘みとしっかりとした酸味が特徴の西條鶴純米酒を投入。

香りは、お酒そのものの熟成香と樽由来のバニラ、ナッツ香が漂います。
味わいは甘酸っぱく、13゜らしい軽快な口当たりながら樽由来のもったり
とした感触が特徴。熟成されたまろやかな酸味が心地良く
スムースな味わいも顔を出します。

とにかく非常に個性的で、ユニークな日本酒と言えるでしょう。
樽1本 227Lのみですから、数量は限られております。


スペック
  【アルコ-ル度数】13゜ 【日本酒度】-3 【酸度】2.0
【原料米及び精米歩合】広島県産中生新千本 65%精米
 【720ml】1,985(税込)

HOME