かたやま酒店   西條鶴(さいじょうつる) 西條鶴醸造(株) 広島県東広島市西条本町9-17

 
創業明治37(1904) 年。神戸の灘と京都の伏見と並び、「日本三大酒処」のひとつに数えられる
東広島でも西条酒蔵通りと呼ばれる多くの酒蔵造が存在する中のひとつに西條鶴酒造はあります。

最盛期は3000 石以上の生産量を誇っていましたが、現在は700 石。
ほぼ問屋流通だった商品ラインナップから、養子である伊野本真彦専務が6 年前より
限定流通で「無濾過シリーズ」を発売開始。
その頃から少しずつ酒質を向上させ、近年では酒好きの間でも
「最近の西條鶴は変わった」という高評価を得ておられます。


HOME


各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、令和元年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ


注文のページへ

 

注文の
ページへ
No4858(1.8L)・No4859(720ml)
西條鶴 純米大吟醸 「日々精進酒醸」 30BY
      <広島県・東広島市・西條鶴醸造>  

6号酵母で醸されたプレミアムな1本

広島流造りの原点に立ち返り伝統と理想を追い求めたお酒。
地元の酒造好適米 中生新千本を50%まで磨き、その米の
ポテンシャルを最大限に生かすため、伝統的に使われていた
協会6号酵母にて醸されたプレミアムな1本です。

香りは穏やかな中に蜂蜜様の芳香が漂います。
含むと、軽やかな酸とふくよかな米の旨みがきれいに
口中を駆け抜け、やがて抜群のキレの良さを意識させられます。
淡麗と芳醇の中間を行くような旨みの饗宴は、盃を重ねるほどに
その魅力をしっかりと感じさせられ、コストパフォーマンスの高さ
ともども“広島酒の底ぢから”に想いをめぐらします。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜ 【日本酒度】 【酸度】
【原料米及び精米歩合】広島県産中生新千本 50%精米 【酵母】協会6号
 【1.8L】3,240(税込) 【720ml】1,782(税込) 

HOME