かたやま酒店
              神雷(しんらい) 三輪酒造株式会社  広島県神石郡神石高原町油木乙1930番地

 
広島県の山中 たった四人で醸す酒 信頼の酒 うまし

 三輪裕治社長
当店前にて 


創業は享保元年(1716)。徳川時代中期から続く、広島でも老舗の銘醸蔵のひとつです。
酒名「神雷」はその昔、酒造蔵に落雷があったが大過なかったこと、また、蔵の所在地が神の宿る国・神石郡であることに
由来するもので、「信頼」して飲んでもらえればとの願いも込めて命名されたそうです。

甘口酒の多い広島の酒の中では、やや辛口のお酒で、すっきりとした飲み口が特徴。
 
中国山系の伏流水の恵み豊かな土地で、蔵の中にある地下50mの深井戸からはミネラル分を豊富に含む、醸造に適した
良質の水(硬水)が得られ、裏山の15m深の浅井戸からは口当たりの良い軟水が得られる。
これらを仕込み水、割り水に適材適所に使えるのが、この蔵の造りの特徴でもあります。
杜氏は蔵元でもある 三輪節雄氏、ご子息の三輪裕治氏が社長を務め酒造りにも携わり、その他二人の蔵人とともに
たった4人で醸されておられます。 

平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵

HOME

各商品名の最後に出てくる、『29BY』とか『28BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『29BY』とは、
平成29年の7月から、平成30年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。



注文のページへ

No4541(720ml)
神雷 夏生原酒 純米 29BY

荒ばしりを氷温冷蔵貯蔵

広島県産八反錦で醸された純米酒の荒走りを別取りし
-5℃の氷温冷蔵庫にて3か月間寝かせ夏に出荷される無濾過生原酒です。

香りはれんげ蜂蜜のようなスイートな芳香がかすかに漂い
含むと、荒走りとは思えないスムースな口当たり。
生原酒なのに、マイルドな旨みに包まれるのは
造りの丁寧さと氷温貯蔵のなせる技。
鼻に抜ける香りはとても爽やかで、キレもグッドです。

スペック
  【アルコ−ル度数】16.5゜ 【日本酒度】 +4.5 【酸度】 1.6
【原料米及び精米歩合】広島県産八反錦60%精米 【酵母】KA1-25
 【720ml】1,550(税込)


注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4542(1.8L)・No4543(720ml)
神雷 純米吟醸無濾過生原酒 黒ラベル 29BY

やさしい吟醸香 スイートでマイルドな旨み

広島県の酒造好適米『千本錦』を55%まで磨き、9号系酵母の
KA1-25と広島もみじ酵母で醸された、無濾過の生原酒です。

香りは吟醸系酵母らしいフルーティな芳香が
穏やかに優しく立ちます。派手さは全くありません。
含むと、無濾過生原酒にもかかわらず、くどさやきつさは
全く皆無で、スイートでマイルドな旨みが広がります。
舌の奥に感じる酸は低く、鼻に抜ける香りは
美麗な吟醸香そのものですが、キレが抜群に良く
後口の余韻はとても上品です。
良質の日本酒が持つ完成度の高い個性を残します。

スペック
  【アルコ−ル度数】16〜17゜ 【日本酒度】 +4.5 【酸度】 1.6
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦55%精米 【酵母】KA1-25・広島もみじ酵母
【1.8L】3,240(税込)  【720ml】1,750(税込)


注文のページへ

 
No4545(720ml)
神雷 純米酒 千本錦無濾過生原酒 29BY

フレッシュしぼりたて
旨みがジュワッと留まる純米酒

広島県の酒造好適米『千本錦』を60%まで磨き
無濾過で詰められたしぼりたて純米生原酒。

香りはかすかに苺様の明媚な芳香が穏やかに立ちます。
含むと、しぼりたてらしいガス感を残すフレッシュな味わいが広がり
基本は辛口なれど無濾過生原酒特有の旨みが口中に留まります。
後口の余韻にほのかな酸が返し、じんわりとした足跡を残します。

スペック
  【アルコ−ル度数】17〜18゜ 【日本酒度】 +4 【酸度】 1.8
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦 60%精米 【酵母】広島KA1-25
 【720ml】1,652(税込)

HOME