かたやま酒店   亀齢(きれい) 亀齢酒造(株) 広島県東広島市西条本町8-18

 
平成10年 『悦凱陣』で酒造りを担っていた西垣信道杜氏と西垣昌弘さん親子は
広島の亀齢酒造の酒造りを任され、三年後には昌弘さんが杜氏として現在に至ります。
彼の造りに対する姿勢は 完全手造りの『昔ながらの職人』気質。
妥協は一切なく、とにかく気合の入った酒 そのものです。


HOME


各商品名の最後に出てくる、『3BY』とか『2BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『3BY』とは
令和3年の7月から、令和4年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 



注文のページへ


注文の
ページへ
No4830(1.8L)・No4831(720ml)
亀齢 Check 「青」純米無濾過原酒 3BY
       <広島県・東広島市・亀齢酒造(株)>

亀齢の夏酒は
どこまでもスルスル飲める飾らない味わい

親子二代に渡り香川の丸尾本店「悦凱陣」の造りを継承する
現亀齢酒造の西垣昌弘杜氏が造るお酒に
軽やかな味わいのものはほとんどありませんが
キリッと冷やすことによってどこまでも飲み続けられることが
できる、
飾らない味わいの夏向けのお酒が入荷しました。

一回火入の純米無濾過原酒は
炊きたてご飯のように穏やかでふっくらとした香り
また和梨のような控えめながらも上品な香りも感じます。
飲み口はやわらかく、ふっくらとし上品な甘みが広がり
いつもより控えめな酸味が飲みやすさを表現し
するりと喉元を通る心地よさを感じます。

野菜のおひたし、とうもろこしの天ぷら、イカのさっぱり煮や
茗荷の酢漬けなど、夏の和食にぴったりの最強晩酌酒
と言えるでしょう。  是非お試しください。

スペック
  【アルコ-ル度数】17゜【日本酒度】+3【酸度】1.4【アミノ酸度】1.2
【原料米及び精米歩合】 広島県産八反錦 65%精米 【酵母】 自家培養酵母
 【1.8L】3,080(税込)   【720ml】1,595(税込)  


注文のページへ

No4827(720ml)
亀齢 Check 「金」特別純米無濾過生原酒
       <広島県・東広島市・亀齢酒造(株)>

これぞ芳醇辛口 オールマイティな1本

広島県産山田錦を60%精米で醸された純米生原酒
2℃の冷蔵庫で半年以上生のまま熟成させています。

香りからして力強さ、無骨さ、そしてミネラル感を感じます。
フルーティーなお酒ではないですが、強いて言うなら熟した
パイン、リンゴ、梨のような香りを感じます。
 
生熟成らしいボリューム感とインパクトのある口当たり。
蜜のような濃縮かつ複雑な旨味と共に押し寄せてくる酸味。
味わいの残存時間も長く力強さを感じさせます。
 
亀齢のチェックシリーズの中で一番濃厚かつインパクトの
ある味わいで、これぞ芳醇辛口という味わいは
生もの、焼き物、揚げ物とオールマイティに対応できる1本です。

スペック
  【アルコ-ル度数】17~18゜【日本酒度】+5【酸度】2.0
【原料米及び精米歩合】 広島県産山田錦 60%精米 【酵母】 自家培養NK酵母
 【720ml】1,760(税込)  


注文のページへ

  
No4892(1.8L)
亀齢 Check「白」 純米無濾過原酒
       <広島県・東広島市・亀齢酒造(株)>

低精白を感じさせない火入れの純米酒

自家培養の「3号酵母」(協会酵母にあらず)を使用。
米は地元広島県の中生新千本を80%精米。
80%精米なのに、雑味や糠臭さとは全く無縁なのは
粕歩合の高い純米酒であることから来ています。

香りは幸水梨のような透明感のある果実風ですが
生酒に比べるとやや抑え気味です。
含むと、味の厚み、パンチ力、飲みごたえ十分な辛口タイプで
ミネラル感を漂わせながらの凛としたメリハリのある口当たりが印象的。
80%精米が信じられないほどの透明感も同時に残します。
この品質で1.8L 2475円(税込)とは
西垣杜氏の腕に敬意を表さずにはおられません。

スペック
  【アルコ-ル度数】17~18゜【日本酒度】+5 【酸度】1.6
【原料米及び精米歩合】 広島県産中生新千本80%精米 【酵母】 自家培養3号酵母
 【1.8L】2,475(税込)

HOME