かたやま酒店 萩の鶴 (はぎのつる) 萩野酒造(株) 宮城県栗原市金成有壁新町52

天保11年(1840年)創業の老舗蔵。良いものを少しだけ造るというコンセプトのもと日本酒独自の伝統や歴史を守りながら
新しい技術も取り入れ、常に進化する酒造りを目指す蔵。 米は宮城県で開発された酒造好適米「蔵の華」のほか「美山錦」
「雄町」「山田錦」などを使用し、水は自社所有地の山から豊かに湧出する自然水(軟水)を蔵まで直接引いて使用し、酵母は
目指す酒質に合わせて「宮城酵母」「協会酵母」などを使用しています。

HOME


各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、令和元年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。

 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 


注文のページへ

   

注文の
ページへ
 
No4308(1.8L)・No4309(720ml)
萩の鶴 特別純米 R30 30BY
       <宮城県・栗原市・萩野酒造(株)>

1本のお酒で人生を表現するコンセプト

1本のタンクから違うタイプのお酒を生み出す というコンセプトに則り
生生のR20をパストライザーによる瓶燗一回火入で瓶詰め後貯蔵。

元は同一タンクで一緒ですが、火入と貯蔵により味わいが変わるという
つまり1本のお酒で人生を表現するがごとく と言うお酒です。

わずかですが上品なガス感が残っており、フレッシュで瑞々しい印象。
香りは青メロンや瓜のような若々しさを感じ
口当たりはやわらかく、生酒のR20と比較すると
上品な旨み、クリーンな味わいがより強調されています。
後口もスッキリと楽しめます。

食事を邪魔せず同化する純米酒としてお奨めします。

・R30=瓶燗火入(フレッシュながらも火入れをし落ち着きも出てきて
味の乗ってくる30 代ばりばりタイプ) パストライザー使用

 
スペック
  【アルコ−ル度数】15゜【日本酒度】+4.5【酸度】1.5【アミノ酸度】0.95
【原料米及び精米歩合】 美山錦 60%精米 【酵母】宮城酵母
 【1.8L】2,808(税込)  【720ml】1,512(税込) 

 
注文のページへ

No4305(720ml)
萩の鶴 特別純米 R20生酒 30BY
       <宮城県・栗原市・萩野酒造(株)>

フレッシュしぼりたて生酒

1本のタンクから違うタイプのお酒を生み出す
というコンセプトに則り、今年は搾ったあとの処理の仕方で
味の違いを表現する第一弾は、フレッシュしぼりたてです。

青バナナやメロン、ブドウを思わす爽やかな香り。
口当たりはフレッシュでシュワッとガスを感じます。
旨味、味のふくらみを感じますが若々しい粗さも感じます。
その辺がまさにフレッシュマンのイメージです。
全体的には、綺麗な酒質でクリーンな印象。
すっと消える後口の良さは、万人受けするお酒と言えるでしょう。
今後季節に応じて R30、R40が発売されます。


・R20=生酒(しぼりたてをフレッシュに味わう
 ここからいかようにも変身できる20 代新入生タイプ)

スペック
  【アルコ−ル度数】15゜ 【日本酒度】+4.5【酸度】1.5【アミノ酸度】0.95
【原料米及び精米歩合】 美山錦 60%精米 【酵母】宮城酵母
 【720ml】1,512(税込)

HOME