小夜衣 平成蔵落成記念パーティ
2006.06.18.


蔵全景。
コンパクトで作業効率を重視した造りになっています。

貯蔵タンクは1階に集められ、冷蔵設備が施されています。

これが実は宝の山。年代ものの古酒が無造作に積まれていました。

槽(ふね)を移動するのに三日がかりだったとか。まだ組み立てられておりません。

麹室はしっかりとスペースを取られています。コンピューターによる温度管理などではなく、あくまで手造り。

昨今エレベーターを見ると、思わずメーカーを確認してしまいます。上ってくるのは、パーティ用の舟盛り。

 森本社長のご挨拶。あくまで自然体。

乾杯のお酒は、小夜衣純米大吟醸17BY。

司会の鈴木真弓さんから、いきなりスピーチしろと
振られ、社長に関するエピソードを、いくつかご披露。