かたやま酒店    
      平成24酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵
   KURA MASTER 2017プレジデント賞受賞  2018プラチナ賞受賞


  
七田(しちだ)
天山酒造(株)
佐賀県小城市小城町岩蔵1520
社長/七田 謙介氏
杜氏/後藤 潤氏
   
   
    七田謙介社長 
             当店にて 
 
七田利秀会長

九州の佐賀県に天山(てんざん)酒造という酒蔵があります。『天山』という銘柄で地元九州
を中心に流通している銘蔵です。天山山系の名水で醸す酒質は、硬水ゆえにしっかりとした
きれを感じる辛口酒。

七田は、このお蔵の、全国の地酒専門店向けのお酒です。さっそく試飲してみて、まず感じた
ことは、「繊細な味わいとは違うポジションにある旨い酒」 と言う事です。
大胆な、無ろ過らしい味の太さと多さがあり、味のふくらみもまずまずで、キレもいい。


吟醸酒粕焼酎
HOME
↓クリックすると拡大されます。

種麹を振る後藤杜氏

後藤杜氏(右)と七田社長

若き造り手が
七田を醸します。


各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、平成31年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。

ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 



注文のページへ


注文の
ページへ
No4070(1.8L)・No4071(720ml)  
七田  夏純 一回火入れ 30BY

夏にお薦めの爽やか純米酒

山形県産出羽燦々で仕込んだ
軽快な口当たりの純米酒です。

暑い夏にも、冷やしてサクサクとお飲みいただける
ようアル分が14度台になるよう加水していますが
原酒時の旨みや酸はしっかりと残してあります。

香りは和の果物の芳香が立ち、スッキリの中にも
七田らしいスベスベとした口当たりと
純米吟醸を謳ってもOKな旨みのトレースが明確に感じられます。
上品で美麗な甘みが口中で軽やかに弾け
やがてきれいに切れて行きます。


スペック
 【アルコ-ル度数】14.5゜【日本酒度】+1 【酸度】1.3 【アミノ酸度】1.2
【原料米及び精米歩合】 山形県産出羽燦々 60%精米
【酵母】
F401 + 協会1801
 【1.8L】3,132(税込)   【720ml】1,512(税込)  


注文のページへ

No1839(720ml)
七田 純米七割五分磨き 愛山 無濾過生 30BY

愛山らしい 滑らかさと艶が特長

全量兵庫県産愛山で75%精米にて醸しました。
精米が低いことによる雑味の懸念は全くありません。

香りはザクロやびわのような和の果実を連想。
口に含むと、穏やかな酸が顔を出し、舌の上に
米のエキスを漂わせます。鼻に抜ける香りは
サラサラとして艶やかな印象を残し、やがて
静かに切れていきます。

七割五分シリーズの中では、もっとも滑らかさと
艶を感じるところは、さすがに愛山と言えるでしょう。

スペック
 【アルコ-ル度数】17゜【日本酒度】+3 【酸度】1.8
【原料米及び精米歩合】麹米:雄町(岡山産)75%精米 掛米:雄町(岡山産)75%精米
【酵母】佐賀の9号
【720ml】1,404(税込)   


注文のページへ

No1294(1.8L)
七田 純米 無濾過生おりがらみ 30BY

開栓ご注意 美味さ麗し
七田の純米無濾過生原酒に滓をからめ、瓶内二次発酵を促した
軽快で絶妙の味わい。
香りも華やかに立ちますし、味わいの幅もあるこの価格としては
とてもお値打ちな1本と言えましょう。

おりがらみと言うより活性にごりと呼んだ方が
しっくりくるぐらい滓があります。

酵母の元気が良いので、お取り扱いには十分に気をつけてください。
開栓時には絶対に瓶を振らないで下さい。
キャップを開ける際はゆっくりと炭酸ガスを抜きながら開け閉めして下さい。
クール瓶必須商品となります。
一升瓶はキャップの金具を緩めるだけで栓が飛びますので
お気を付け下さい。お酒が噴き出すことはありません。


スペック
 【アルコ-ル度数】17゜【日本酒度】+3 【酸度】1.7
【原料米及び精米歩合】麹米:山田錦65%精米 掛米:麗峰65%精米
【酵母】佐賀の9号
 【1.8L】2,808(税込) 


注文のページへ

No1835(720ml)
七田 純米七割五分磨き 雄町 無濾過生 30BY

雄町の味わいがしっかりと出た純米生酒

全量雄町で75%精米にて醸した純米がこの“七割五分磨き”です。
精白が低いことによる雑味の懸念は全くありません。

香りは黒蜜のような複雑な和の芳香。
口に含むと、山田錦の七割五分ほど酸が前面に出ず
舌をマイルドに包み込むような奥ゆかしい
雄町らしい味わいの幅を感じます。

鼻に抜ける香りは、イチジクとも柿とも表現できる
ふるさとの果物の落ち着いた甘みの再現。
後口は、ほのかに酸を残しながら、心地良く上品な余韻を残します。

きれい過ぎないところが、このお酒の真骨頂。
味を楽しむ純米酒と言えるでしょう。

スペック
 【アルコ-ル度数】17゜【日本酒度】+3 【酸度】1.8
【原料米及び精米歩合】麹米:雄町(岡山産)75%精米 掛米:雄町(岡山産)75%精米
【酵母】佐賀の9号
 【720ml】1,350(税込)   


注文のページへ

No1306(1.8L)
七田 純米吟醸 無濾過生 30BY

これぞ純米吟醸の理想形

香りはスイートな密を湛える花弁のようですが
決して派手なものではなく、とても清楚に発ちます。
口に含むと、ゆかしく美麗で透明感を伴う和梨や枇杷の風味が
一杯に広がります。やがて感じる鼻に抜ける香りは、高級和菓子の様。
余韻は心地良い酸を意識させながら、ゆっくりと引いていき
きっちりとキレて潔さを快感として認識します。

この完成度の高さはこれぞ純米吟醸の理想形。
と言ってもよいほどの出来栄えです。

スペック
 【アルコ-ル度数】16゜【日本酒度】+2 【酸度】1.3
【原料米及び精米歩合】麹米:山田錦55%精米 掛米:佐賀の華 55%精米
【酵母】佐賀の9号
 【1.8L】3,510(税込) 


注文のページへ

No1309(720ml)
七田 純米無濾過 生原酒 30BY

生原酒らしさと流麗さを併せ持つ

香りは穏やかで控えめです。
生原酒らしい濃厚な口当たりですが
丸い酸を感じ、やがて流麗に口中に漂います。
鼻に抜ける風味は控えめで軽快。
後口にも酸を少し残すも、概してキレは良いです。

原酒ですが、それを感じさせないマイルドさを併せ持ち
適度な酸が食中酒としての威力を発揮する。
そんなお酒です。

スペック
 【アルコ-ル度数】17゜【日本酒度】+3 【酸度】1.8
【原料米及び精米歩合】麹米:山田錦65%精米 掛米:麗峰65%精米
【酵母】佐賀の9号
【720ml】1,350(税込)   


注文のページへ

No1303(720ml) 
七田 純米大吟醸 無濾過生 30BY

ふくよかに清楚な吟醸香が立ちます。

山田錦を45%まで磨いた純米大吟醸です。
無濾過生らしく、ふくよかに清楚な吟醸香が立ち
口に入れると、そのフルーティな味わいは、どなたにでも
美味さとしてご堪能いただける、判りやすさが身上。

前半の華やかなイメージが、後半になっても
クドさとしてのこらず、心地よい綺麗な余韻を残しながら
切れていきます。


スペック
 【アルコ-ル度数】16.8゜【日本酒度】+1 【酸度】1.5
【原料米及び精米歩合】佐賀県産山田錦 45%精米
 【720ml】2,592(税込)  


注文のページへ

No1832(1.8L)  
七田 純米 七割五分磨き 山田錦  
【アルコ-ル度数】
17゜
【日本酒度】
+4.5
【酸度】
2.1
【原料米及び
精米歩合】
麹米:山田錦 
75%精米
掛米:山田錦 
75%精米
【佐賀の9号】

全量山田錦で75%精米にて醸した純米が
この“七割五分磨き”です。
精米が低いことによる雑味の懸念は
全くありません。山田錦の力なんでしょうか、
すべすべとした口当たりで、口中のふくらみも
白(はく)が高い酒とは違った、酸と太さを
感じる独特の味わいとして認識できます。

1回火入れ後、蔵の冷蔵室で瓶貯蔵したのが
この品で、綺麗なコクと旨みがあります。
香りはとても穏やかで、後口の余韻も適度な酸を
残しながらゆっくりと切れていくタイプですから、
食中純米酒として強くお奨めしたい1本です。

ぬる目の燗(40℃)にしてみました。
むしろ辛さが強調されます。
のど越しのスムースさは変わりません。
燗をしても辛さを維持し味がくずれない。
これは驚きです。

【1.8L】2,808(税込)

HOME