かたやま酒店


  
雑賀(さいか)
(株)九重雑賀
和歌山県紀の川市
桃山町元142番地1
杜氏/今田義男(但馬)

   
雑賀俊光社長 


雑賀梅酒 も大好評
日本酒で造った梅酒です。


明治41年和歌山市にて食酢の製造販売からスタート。
酒造りは昭和9年から、地元を中心に販売されていました。
平成10年から『雑賀』銘柄で仕込んだお酒が、製造数は少ないのですが
評判を呼び当店もお取引させていただいております。
平成17年に和歌山市中心部より郊外の岩出市に移転。
平成18年5月1日より、株式会社九重雑賀 として新たにスタートし、
代表取締役社長に雑賀俊光さんが就任されました。
平成25年8月より 紀の川市の新蔵に製造を開始されました。、

  酒蔵訪問記で蔵の写真をご覧いただけます。 
                         

HOME


各商品名の最後に出てくる、『30BY』とか『29BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『30BY』とは、
平成30年の7月から、令和元年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。

 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 



ご注文のページへ

 
ご注文の
ページへ
No1274(1.8L)・No1275(720ml)
辛口 純米吟醸 雑賀 30BY

食中酒として ゆるぎない存在感


穏やかで上品な吟醸香、それは決してフルーティな香り
ではなく酢酸イソアミル系の落ち着いた香りが立ちます。
含むと酸はほどほどにキリリとしたキレのある味わいが
口中に広がり、後口は艶やかできれいな余韻を残すので
今流行りのグルコースたっぷりのお酒でもなく、香り華やか系
のお酒でもない、まさに食中酒としての本流を行く純米吟醸。
 
こういうお酒は飲み飽きを知らないので、長くお付き合いが
可能な“大人の1本”。  呑みすぎにご注意下さい。

スペック
  【アルコ−ル度数】16゜ 【日本酒度】±0 【酸度】1.5【アミノ酸度】0.5
【原料米及び精米歩合】 麹米:山田錦45%精米 掛米:山田錦50%精米
【酵母】協会9号
【1.8L】2,808(税込)  【720ml】1,404(税込) 


ご注文のページへ

No1245(720ml)
山田錦 純米大吟醸  雑賀

上品な吟醸香、旨み、キレのバランスが特徴


2018年パリで行われた「第2回KURA MASTER 日本酒コンクール」
純米大吟醸酒&純米吟醸酒部門でプラチナ賞(部門1位)
および審査員特別賞を受賞しました。

全量山田錦の純米大吟醸。
上品な吟醸香、旨み、キレのバランスが素晴らしく
やわらかみのある甘さをキュッとしたハリのある酸が包み込み
舌の中心から外側に旨みが広がります。


スペック
  【アルコ−ル度数】16゜ 【日本酒度】±0 【酸度】1.5【アミノ酸度】0.5
【原料米及び精米歩合】 麹米:山田錦45%精米 掛米:山田錦50%精米 【酵母】協会9号
【720ml】2,106(税込)  


ご注文のページへ


ご注文の
ページへ
No1256(1.8L)・No1257(720ml)
雑賀 山廃純米

山廃純米ならではのふくよかな味わい
お燗が冴えます。

九重雑賀として山廃造り復活の狼煙を上げる純米酒です。
山廃仕込はそもそも日本酒の製造を開始した二代目
雑賀豊太郎の時代から行われていたそうです。

和歌山県内で次第に山廃造りが行われなくなり
雑賀さんでも途絶えたときがありましたが、
「和歌山県から山廃造りの火を消してはいけない」
と現社長が復活させました。

純米ならではのふくよかな味わいが特徴です。
山廃仕込みにしては、軽快でかつ燗上がりし
お好みの温度帯で楽しめるお酒です。

スペック
  【アルコ−ル度数】16゜ 【日本酒度】+5【酸度】2.4【アミノ酸度】1.2
【原料米及び精米歩合】麹米:山田錦55%精米 掛米:五百万石60%精米 【酵母】1401
【1.8L】2,484(税込) 【720ml】1,242(税込)   

HOME