かたやま酒店          十六代九郎右衛門    湯川酒造店  長野県木曽郡郡木祖村薮原1003-1

HOME

名古屋からJR中央本線の松本行きに乗り換え、約1時間50分の電車旅。かつて芭蕉が詠み、広重が描いた信州木曽街道。 その木曽谷の
奥深く、薮原宿の片隅に湯川酒造店はあります。酒蔵の立地は標高936m!「日本で最も星に近い酒蔵」というキャッチコピーも素敵です。
酒造期中の12月〜2月頃にはマイナス18℃まで気温が下がるそうで、さすがに「酒は寒造りが良い」とはいえ、この条件では逆にモロミを
暖なければいけないという不利な 条件。そんな「酒造りにも適していない」「米作り にも適していない」土地で、創業は1650年より370年近くも
続いているのはなぜだろう?まさに銘柄名とおり十六代にも渡り、その土地で日本酒が必要とされてきたワケは何だろう?
それがこのお酒のテーマであります。

 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ


注文のページへ

 
注文の
ページへ
No4966(1.8L)・No4967(720ml)
十六代九郎右衛門 「環」米 山廃純米酒
ジュウロクダイクロウエモン メグル コメ

日本で一番星に近い蔵から
ウイスキーを想わす濃醇な旨味と
日本酒ならではの酸味

火入の山廃純米酒を1年間じっくりと熟成させてあります。
落ち着いた深い香りを感じますが、温度が上がるにつれ
バナナ、白玉、チーズ、はちみつのような甘い香りが表れ
それはとても魅力的な香りでもあります。
 
含むと、 ウイスキーを想わす濃醇な旨みが広がり
やがてハツラツとした日本酒ならではの酸味が返ってきます。

ですから、しっかりとした味付けの料理にも相性が良く
温度が上がるにつれ、蜜のような旨味もじんわりと表れ
酸味とのバランスがとても良くなります。

ナチュラルチーズや醤油を使った煮物など、味付けの濃い
料理や乳製品などとの相性はバツグンでしょう。

スペック
 【アルコ−ル度数】17゜【日本酒度】+10【酸度】2.0【アミノ酸度】1.7
【原料米及び精米歩合】金紋錦 80%精米 1年熟成酒
 【1.8L】3,443(税込)   【720ml】1,823(税込)   


注文のページへ

No4964(1.8L)
十六代九郎右衛門 環「酒」三割麹速醸生
シdジュウロクダイクロウエモン メグル サケ サンワリコウジソクジョウナマ

辛口なれど、ぼっちゃりふくよかな旨みとボディ

通常の日本酒は、麹米20%で蒸し米は80%の使用比率と言われるなか
麹米を30%使用した旨味・ボディーを効かせた九郎右衛門の生酒の
氷温短期熟成酒となります。
 
香り自体は控えめですが、青バナナや洋梨、花の蜜のような香りを感じます。
麹の比率の高さからうかがえる、まったりとした旨味を
酸が上手に包み込んでいるイメージです。

 
ふくよかな印象ながらも後口は柑橘を想像させる酸味とともに
心地よく消えていき、甘いという印象はありません。
酒度は+8の辛口です。
開栓後、空気に触れたほうが味が馴染んで整ってきます。
そんな、ぽっちゃりふくよかな旨味をお楽しみください。

スペック
 【アルコ−ル度数】17゜【日本酒度】+8 【酸度】2.0【アミノ酸度】1.7
【原料米及び精米歩合】金紋錦 80%精米
 【1.8L】3,443(税込) 


注文のページへ

No4969(720ml) 
十六代九郎右衛門 「木」 生もと純米

日本で一番星に近い蔵から
乳を思わす穏やかな香りと
特徴的かつ繊細な酸味の生もと

標高が高い(963m)湯川酒造店では、米を蒸す際に沸点が低くなるため
どうしてもカラッとしたさばけのよい蒸し米ができにくくやわらかい酒質の
ぽっちゃりとした早飲みのお酒になると言います。
それを克服するのが山廃や生もと仕込み。
そして熟成にも向く長野県産の金紋錦を80%精米で使用。

ラベルの印象ともどもモダンな生もと。
乳を思わす香りに草原を連想させる爽やかなイメージ。
決してフルーティーな香りでは ありません。
温度が上がるに連れ、炊きたての御飯やトースト香を感じます。
その香りには人間が本能で「美味しそう!」と感じる要素が詰まっています。

口当たりは若々しいイメージで精米率を感じさせない滑らかでツルンとした印象。
アルコール17度に感じない、ほどよいやわらかな味の広がりを見せ
喉越しに本来の熟成感や酸味、やや木を思わすような香りがはね返ってきます。

スペック
 【アルコ−ル度数】17゜【日本酒度】+7 【酸度】1.9【アミノ酸度】1.6
【原料米及び精米歩合】金紋錦 80%精米
 【720ml】1,823(税込)  

HOME