かたやま酒店     豊能梅 (とよのうめ)
   
高木酒造株式会社  高知県香南市赤岡町443

HOME

  高知市から東へ20キロの赤岡町は、観光と町おこしに励む小さいながらもユニークな町です。
その地にて130年間の歴史を刻む高木酒造さんは、『土佐体感地酒』をキーワードにして
高知の素材、きめ細やかな手造り、洗練された品質をもっとう としたお蔵です。


現社長兼杜氏をつとめる五代目の高木直之氏は、蔵に戻る前にバイオテクノロジーの会社で
微生物関係の仕事を10 年勤めていた経緯があります。その経験から
現在の豊能梅のラインナップは、酵母と酒米の組合せで種類がいろいろと分けられています。

各商品名の最後に出てくる、『28BY』とか『27BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『28BY』とは、
平成28年の7月から、平成29年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


注文のページへ


ご注文の
ページへ
 
No4862(1.8L)・No4863(720ml)
豊能梅
(とよのうめ) 純米吟醸
G×A 黒ラベル 火入れ 28BY
       <高知県・高木酒造(株)>

味と香りのベストバランスを追及

この純米吟醸G×A黒ラベルは、高知の米吟の夢と高知酵母AC95の
バリエーションを活かして豊かな個性の1本に仕上がっています。

AC95は、カプロン酸系とイソアミル系の両方の特性を持っている酵母で
香りは青りんごのフレッシュな芳香が立ち、含むとバナナ系の甘みを感じます。
酒米・吟の夢ならではの、シャープで高貴な味わい。しなやかな線をまとう個性は、
丸みのある含み香ともども、スッと消えて行く上品さが印象的な、味と香りの
ベストバランスを追及した純米吟醸と言えるでしょう。

スペック
  【アルコ−ル度数】16〜17゜ 【日本酒度】+2 【酸度】 1.5 【アミノ酸度】 0.7
 【原料米及び精米歩合】 高知県産吟の夢 60%精米  【酵母】高知県酵母AC95

G=吟の夢  A=AC95酵母
 【1.8L】3,240(税込) 【720ml】
720ml完売です。1,680
(税込)
 

HOME