かたやま酒店  大典白菊(たいてんしらぎく) 
白菊酒造(株) 岡山県高梁市成羽町下日名163-1

HOME

 明治19年(西暦1886年) 備中国川上郡成羽村にて渡辺廣太郎により創業。当初銘柄「白菊」を醸造しており、昭和3年
銘柄に「大典」を付し「大典白菊」となります。その後、昭和46年までは明治蔵・恵比寿蔵と呼んでいた2つの蔵で酒造りを
続けていましたが、翌47年に集中豪雨によって両蔵が水没してしまいます。翌昭和48年には設備の整った新蔵が完成。
同時に企業合同をすすめ、成羽大関酒造株式会社に改組。
創業120年を経た平成19年4月より社名を「白菊酒造株式会社」に改め現在に至ります。

旧社名の成羽大関酒造株式会社から想像できるようにかつては近隣の数社が合同で大関酒造の桶売りを
されていました。ですから蔵はとても大きく冷蔵設備も整っています。
そんな環境の中、現在は桶売りを止め、小仕込みのクォリティの高い酒造りに邁進されています。


各商品名の最後に出てくる、『28BY』とか『27BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『28BY』とは、
平成28年の7月から、平成29年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。

 
ご注文のページへ

 
ご注文の
ページへ

No4890(1.8L)・No4891(720ml)
大典白菊 Sunrise
純米吟醸無濾過生原酒 28BY
       <岡山県・高梁市・白菊酒造(株)>

素朴で飲み飽きしない食中酒

「インパクト・躍動感があるのに素朴で飲み飽きしない食中酒」
それこそが、このお酒のコンセプトだそうです。
確かに香りは協会7号系の特色である控えめなもの。
含むと直汲みから来るガス感をかすかに残しながら
柑橘系を思わせる酸味が静かに舌を刺激します。
鼻に抜ける香りは、フルーティとは違う米の素朴な甘みを
表現する香味に彩られ、しっかりと食中酒としての主張を
認識させられます。後口の余韻はすっと切れるお酒ではなく
米のエキスが心地よく足跡を残します。

大阪芸大の学生さんに授業課題として依頼した
ラベルデザインから来る印象とは、程遠いものです(笑)
でもインパクトはありますね。

スペック
 【アルコ-ル度数】16.5゜ 【日本酒度】+4 【酸度】1.7 【アミノ酸度】1.1
【原料米及び精米歩合】 岡山県産朝日米 60%精米 【酵母】 K7+K1401混醸
【1.8L】3,380(税込) 【720ml】1,690(税込) 

HOME