かたやま酒店   西條鶴(さいじょうつる) 西條鶴醸造 広島県東広島市西条本町9-17

 
創業明治37(1904) 年。神戸の灘と京都の伏見と並び、「日本三大酒処」のひとつに数えられる
東広島でも西条酒蔵通りと呼ばれる多くの酒蔵造が存在する中のひとつに西條鶴酒造はあります。

最盛期は3000 石以上の生産量を誇っていましたが、現在は700 石。
ほぼ問屋流通だった商品ラインナップから、養子である伊野本真彦専務が6 年前より
限定流通で「無濾過シリーズ」を発売開始。
その頃から少しずつ酒質を向上させ、近年では酒好きの間でも
「最近の西條鶴は変わった」という高評価を得ておられます。


HOME

各商品名の最後に出てくる、『28BY』とか『27BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『28BY』とは、
平成28年の7月から、平成29年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。



注文のページへ

No4854(1.8L)
西條鶴 純米大吟醸 紅一点 28BY
      <広島県・東広島市・西條鶴醸造>  

力強さと繊細さを兼ね備えた
チャーミングな甘口純米大吟醸


グラスから発つ香りは ブルーベリー系のフルーツビネガーの様。
含むと 苺ミルクのようなチャーミングな甘さが広がり
キリッと淡麗辛口  の真逆を行く  ジュワッと芳醇旨口の
まさに熟した果実。
 
トロリとした適度な粘性を伴う口当たりは、まろやかさがあり
鼻に抜ける香りは華やかなれど緻密、舌の奥に甘さを湛えながら
余韻の長いリッチな味わいが続き、やがてきれいに切れます。
このキレこそが、最終局面での肝 と言えるのでは。
 
広島清酒の特徴である、軟水醸造法から来る口当たり柔らかく
芳醇で旨みに富んだ味わいに、力強さと繊細さが加味された
キンキンに冷して飲んでいただきたい純米大吟醸です。
 
ラベルは 墨絵アーティストの 西元祐貴氏の作。
このお酒を象徴する 力強さと繊細さが見事に表現されています。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜ 【日本酒度】【酸度】非公表
【原料米及び精米歩合】広島県産中生新千本 50%精米 【酵母】もみじ酵母
 【1.8L】3,240(税込)

HOME