かたやま酒店                   来福(らいふく)
             
来福酒造株式会社    茨城県筑西市村田1626

                                 HOME

1716 年(享保元年)、近江商人が筑波山麓の良水の地に創業。創業当時からの銘柄「来福」は俳句の「福や来む 笑う上戸
の 門の松」に由来するものです。来福酒造の石数は現在約1000 石。日本酒だけでなく、リキュール、焼酎、ワインを製造し
ており、チャレンジ精神旺盛な蔵元といえます。日本酒に関しては、約10 種類の酒造好適米と約7 種類の酵母を使用。 酒造
好適米は、現地に出向いて契約栽培をしているものや、ひたち錦を中心とした地元米の起用に積極的です。花酵母を中心とした
自社培養酵母を駆使し、 いい米がいい麹を造り、いい酵母とミックスされ来福酒造の製品は出来上がっていきます。


各商品名の最後に出てくる、『1BY』とか『30BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『1BY』とは
令和元年の7月から、令和2年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 



注文のページへ

No4943(720ml)
来福 くだもの「ぐれふるばなな」純米大吟醸生酒

マイルドでキレイに熟した生酒

香味を誰もが食べている「くだもの」に例えて、わかりやすく
楽しんで飲んでもらいたいというコンセプトの来福くだものシリーズより
氷温熟成の新商品「ぐれふるばなな」の登場です。

 バナナのような甘い香り(酢酸イソアミル系)を多くつくると言われる
シャクナゲ酵母を使用。冷えているうちは青メロンやキュウイ
ような控えめでシャープな印象の香り。
温度が上がってくると梨やバナナのような穏やかで
甘みを感じる
香りに変化していきます。

含むと、きめ細やかな酸味が口当たりに明るい印象を与え
ほどよい
甘みが静かに広がり、カボスや和柑橘を思わすような
心地よい苦味
とともに消えてゆく印象です。
温度が上がるとまろやかな口当たり
になり
じわっと甘みが顔を出して異なる印象を与えます。
温度帯や開栓後の経過によって味わいが変化していくお酒です。

スペック
  【アルコ−ル度数】16゜【日本酒度】+7【酸度】1.7
【原料米及び精米歩合】千本錦 50%精米 【酵母】シャクナゲの花酵母
【720ml】1,722(税込)  

HOME