かたやま酒店
              神雷(しんらい) 三輪酒造株式会社  広島県神石郡神石高原町油木乙1930番地

 
広島県の山中 たった四人で醸す酒 信頼の酒 うまし

 三輪裕治社長
当店前にて 


創業は享保元年(1716)。徳川時代中期から続く、広島でも老舗の銘醸蔵のひとつです。
酒名「神雷」はその昔、酒造蔵に落雷があったが大過なかったこと、また、蔵の所在地が神の宿る国・神石郡であることに
由来するもので、「信頼」して飲んでもらえればとの願いも込めて命名されたそうです。

甘口酒の多い広島の酒の中では、やや辛口のお酒で、すっきりとした飲み口が特徴。
 
中国山系の伏流水の恵み豊かな土地で、蔵の中にある地下50mの深井戸からはミネラル分を豊富に含む、醸造に適した
良質の水(硬水)が得られ、裏山の15m深の浅井戸からは口当たりの良い軟水が得られる。
これらを仕込み水、割り水に適材適所に使えるのが、この蔵の造りの特徴でもあります。
杜氏は蔵元でもある 三輪節雄氏、ご子息の三輪裕治氏が社長を務め酒造りにも携わり、その他二人の蔵人とともに
たった4人で醸されておられます。 

平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵

HOME


各商品名の最後に出てくる、『2BY』とか『1BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『2BY』とは
令和2年の7月から、令和3年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 



注文のページへ

 
 
注文のページへ
No4550(1.8L)・No4551(720ml)
神雷 純米吟醸 黒ラベル

やさしい吟醸香 スイートな旨み
キレ味抜群

広島県の酒造好適米『千本錦』を55%まで磨き、9号系酵母の
KA-1-25と広島もみじ酵母で醸された
一回瓶火入れの純米吟醸です。

香りは吟醸系酵母らしいフルーティな芳香が
穏やかに優しく立ちます。派手さは全くありません。
含むと、千本錦のやわらかな味わいがまず顔を出し
やがて、軽快なめらかにスイートな旨みが広がります。
舌の奥に感じる酸は低く、鼻に抜ける香りは
美麗な吟醸香そのものですが、キレが抜群に良く
後口の余韻は “美味しい~”を連呼させるだけに十分な
良質の日本酒が持つ完成度の高い個性を残します。

スペック
  【アルコ-ル度数】16~17゜ 【日本酒度】 +1 【酸度】 1.6
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦55%精米 【酵母】KA1-25・広島もみじ酵母
 【1.8L】3,300(税込)   【720ml】1,782(税込)


注文のページへ


注文の
ページへ
No4544(1.8L)・No4545(720ml)
神雷 生もと純米 無濾過生原酒 2BY

生もと造りで醸され風土を反映する純米酒

広島県の酒造好適米『千本錦』を65%まで磨き
生もと造りにて醸され無濾過で詰められた純米生原酒。
地元の米・水・人にこだわったお酒は、酒蔵に棲みつく乳酸菌や蔵付酵母
などをタンクに呼び込む自然の摂理に沿った造りで醸され
その土地の風土を反映した味わいとなります。

色はほのかに山吹色。上立香は生もとらしい米を意識する香り
あるいは生姜糖にも似た香りが穏やかに立ちます。

含むと、軽やかな酸味がまず顔を出し味幅のある旨味がきれいに佇みます。
鼻に抜ける風味はべっこう飴のような懐かしさを漂わせます。
後口にしっかりと辛口酒の足跡を残しつつも、
美麗で軽やかな酸が返すところは
硬水と軟水を適所で使い分ける仕込と
生もと造りの妙々たる成果と言えるでしょう。

スペック
  【アルコ-ル度数】16~17゜ 【日本酒度】+4【酸度】1.8【アミノ酸度】1.7
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦 65%精米【酵母】蔵付酵母
  【1.8L】3,110(税込)  【720ml】1,680(税込) 


注文のページへ

 
注文の
ページへ
No4554(1.8L)・No4555(720ml)
神石高原 生もと純米 無濾過生原酒 2BY

地元に根差した 生もと純米酒

三輪酒造さんが在る神石高原町(じんせきこうげん)の農家 小里浩介氏と
宮崎範之氏が栽培した八反錦2号を、生もと造りで醸した純米生原酒です。
地元の米・水・人にこだわったこのお酒は
酒蔵に棲みつく乳酸菌や酵母などをタンクに呼び込む
自然の摂理に沿った造りで醸され
その土地の風土を反映した味わいとなります。

香りは穏やかながらも生姜糖のような和の風合い。
含むと、まず甘みそして軽やかな酸味が顔を出し、概してきれいに佇みます。
鼻に抜ける風味はべっこう飴のような懐かしさを漂わせます。
生もと造りによくある線の太さ、味の多さはあまり感じません。
むしろラベルのイメージ通り、高原に吹く一抹の心地よい風を意識。
後口にしっかりと辛口酒の足跡を残すところは、硬水による仕込の妙。


スペック
  【アルコ-ル度数】16~17゜ 【日本酒度】+5.5【酸度】2.2
【原料米及び精米歩合】広島県産八反錦2号 65%精米 【酵母】広島酵母
  【1.8L】2,937(税込)   【720ml】1,560(税込) 

 
注文のページへ

No4650(1.8L)
神雷 純米酒 八反錦うすにごり生 2BY

辛口うすにごりの純米生酒

広島県の酒造好適米『八反錦』を60%まで磨き
滓をからめた うすにごりで詰められた純米生原酒。

香りは清楚で穏やか。
含むと、酸は低く一瞬マイルドなれど
シャープな味わいの中に米味の豊かさを感じ取れます。
鼻に抜ける香りはフレッシュさを感じさせる和梨のよう。
滓があってもキレはとても良く、静かに余韻を残します。

スペック
  【アルコ-ル度数】16~17゜ 【日本酒度】+4【酸度】1.5
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦60%精米 【酵母】KA1-25
  【1.8L】3,110(税込)


注文のページへ

 
No4970(1.8L)
神雷 生酛純米酒 1BY

生酛らしい 酸とコクが広がります。

広島県の酒造好適米『千本錦』を60%まで磨き
生酛仕込で醸されました。一回瓶火入れののち
冷蔵庫で寝かせた純米酒です。

香りは生酛らしく乳清のニュアンスが静かに漂います。
含むと、穏やかなれど確かな酸がまず顔を出し
キリリとしたアタックに刺激されながらも
やがて熟成の旨みとコクがゆっくりと広がります。
鼻に抜ける風味は、スマートさを維持しながらも
純米酒らしいお米の余韻をしっかりと残します。

このまま常温も良し 燗もまた良し
秋冬の味覚の美味なる糖と脂にも伍する純米酒です。

スペック
  【アルコ-ル度数】16.2゜【日本酒度】+3.5【酸度】2.2【アミノ酸度】1.4
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦60%精米 【酵母】KA1-25
 【1.8L】3,000(税込)

 
注文のページへ

No4551(720ml)
神雷 純米吟醸 黒ラベル

やさしい吟醸香 スイートな旨み
キレ味抜群

広島県の酒造好適米『千本錦』を55%まで磨き、9号系酵母の
KA-1-25と広島もみじ酵母で醸された
一回瓶火入れの純米吟醸です。

香りは吟醸系酵母らしいフルーティな芳香が
穏やかに優しく立ちます。派手さは全くありません。
含むと、千本錦のやわらかな味わいがまず顔を出し
やがて、軽快なめらかにスイートな旨みが広がります。
舌の奥に感じる酸は低く、鼻に抜ける香りは
美麗な吟醸香そのものですが、キレが抜群に良く
後口の余韻は “美味しい~”を連呼させるだけに十分な
良質の日本酒が持つ完成度の高い個性を残します。

スペック
  【アルコ-ル度数】16~17゜ 【日本酒度】 +1 【酸度】 1.6
【原料米及び精米歩合】広島県産千本錦55%精米 【酵母】KA1-25・広島もみじ酵母
  【720ml】1,782(税込)

 
注文のページへ


注文の
ページへ

No4547(720ml)
神石高原
生もと純米酒

地元に根差した 生もと純米

三輪酒造さんが在る神石高原町(じんせきこうげん)の農家 小里浩介氏と
宮崎範之氏が栽培した八反錦2号を、生もと造りで醸した火入の純米酒です。
地元の米・水・人にこだわったお酒は、酒蔵に棲みつく乳酸菌などをタンクに呼び込む
自然の摂理に沿った造りで醸され、その土地の風土を反映した味わいとなります。

香りは穏やかながらも生姜糖のような和の風合い。
含むと、まず甘みそして軽やかな酸味が顔を出し、概してきれいに佇みます。
鼻に抜ける風味はべっこう飴のような懐かしさを漂わせます。
生もと造りによくある線の太さ、味の多さはあまり感じません。
むしろラベルのイメージ通り、高原に吹く一抹の心地よい風を意識。
後口にしっかりと辛口酒の足跡を残すところは、硬水による仕込の妙。

スペック
  【アルコ-ル度数】15゜【日本酒度】+5【酸度】2.0
【原料米及び精米歩合】広島県神石高原産千本錦 65%精米【酵母】広島酵母
 【1.8L】2,800(税込)   【720ml】1,500(税込)  

HOME