かたやま酒店   恵那山(えなさん) はざま酒造(株) 岐阜県中津川市本町4-1-51
HOME

 
江戸時代の五大街道のひとつ、「中山道」に67あるうちの45番目の宿場、中津川宿の造り酒屋。
酒造りを始めたのは、「関が原の戦い」の翌年である慶長6年(西暦1601年)
以来、400年にわたって「美味しい酒造り」にこだわってきた蔵。
 
「料理とともにお酒を楽しむという文化をもっと広げたい」という思いから、2016年
純米酒だけを造る純米蔵として生まれ変わりました。すべて小仕込みで吟醸造り。
 
新たな挑戦として、「恵那山 純米」と「恵那山 純米吟醸」を、世界で最も権威のある
ワインコンペティション「インターナショナル ワイン チャレンジ(IWC)」
の「SAKE」部門に出品。
「純米酒部門」「純米吟醸酒部門」でそれぞれシルバーメダルを受賞。
今後が楽しみな蔵のひとつです。

製造責任者 岩ケ谷雄之氏
静岡県焼津市出身。山口県萩市の東洋美人蔵元・澄川宜史氏に師事し、2015年より酒造りを担当。



各商品名の最後に出てくる、『2BY』とか『1BY』という言葉は、酒造年度のことです。
酒造年度とは、7月1日から始まり翌年の6月30日までを言います。ですから『2BY』とは
令和2年の7月から、令和3年の6月までの間に醸造されたお酒のこと。
ラベルに印字されている日付や蔵出し日とは異なります。


 ネットからのご注文が苦手の方はFAX注文ページへどうぞ 


2020年4月6日開催の第27回岐阜県新酒鑑評会純米酒の部にて№1の知事賞受賞 蔵を訪れました。 
 


注文のページへ


注文の
ページへ
 
No4922(1.8L)・No4923(720ml)
恵那山 Cheers 純米大吟醸
おりがらみ生酒 2BY
       <岐阜県・中津川市・はざま酒造(株)>

Cheers とは “応援” 
破格のスペックの純米大吟醸おりがらみ


山田錦を40~50%まで磨き醸された純米大吟醸の
おりがらみ生酒が、価格は純米酒レベルという
まさに飲み手と料飲店と酒屋への“応援酒”
昨年末に続いて発売されたのは、滓をからめた生酒です。

香りはフルーツパーラーのごとくスイートな芳香がほのかに立ち
滓の具合はグラスがうっすらと白く濁る程度です。
含むと芳醇でキレイな旨み=甘みが口中に広がり
鼻に抜ける香り、つまり含み香は軽快かつマイルドそのもの。
やがて舌の奥に心地よいかすかな苦味を残し
静かにキレていくも、余韻がまた麗しい。

溌溂としつつも気品を残す風味は
まさに美麗チアリーダーの如し。

スペック
  【アルコ-ル度数】16゜ 【日本酒度】【酸度】非公表
【原料米及び精米歩合】 山田錦 麹米40%精米・掛米50%精米
 【1.8L】2,970(税込)   【720ml】1,485(税込) 


注文のページへ

 
 
注文の
ページへ
No4896(1.8L)・No4897(720ml)
恵那山 純米60 山田錦 1BY
       <岐阜県・中津川市・はざま酒造(株)>
 

本数限定 特別価格第2弾

山田錦を麹米50%精米、掛米60%精米で令和2年4月に搾られ
一回火入れ後2℃の冷蔵庫で1年間瓶貯蔵された純米酒です。
コロナ禍の影響で蔵に留まったお酒を、ノンラベルで
純米吟醸に続いて特別価格での出荷となりました。

香りはとても穏やかで、かすかにバナナや生姜等のような
風味が発ちます。含むととにかく落ち着いた味わい。
甘さや米の旨みを感じつつも概して軽快で流麗にたたずみます。
熟し香のような風味は皆無で、舌の奥から返す酸も穏やかです。
酢酸イソアミル系の香り控えめなお酒ですから
常温もしくはぬる燗がお薦めです。


スペック
  【アルコ-ル度数】16゜ 【日本酒度】【酸度】非公表
【原料米及び精米歩合】 山田錦 麹米50%精米・掛米60%精米
 【1.8L】1,980(税込)   【720ml】1,000(税込)  

HOME