とこなめやき

 常滑焼は平安時代後期から始まったといわれ、日本六古窯のひとつに数えられています。鎌倉時
代以後になると、壺やカメ、鉢、山茶碗などが焼かれました。その後一時期生産は落ち込みました
が、江戸時代の後半から再び復興し明治以後は、土管、鉢などの生産が中心になり全国へ出荷され
ていきました。
 現在では、タイルなどの建築陶器をはじめ、食器、花器などが幅広く生産されています。また、
伝統的技術を活かした手造りの茶器や、陶芸家による創作活動も盛んに行われ、国際陶芸展をはじ
め各種展覧会で注目を集めています。


             登り窯                     土管坂

ホームページへ戻る