船 橋 跡 

尾西市

船橋は将軍の上洛や朝鮮通信使の来朝などに際して、舟を270そう以上用いて架設された日本最大級の船橋であった。慶長12年(1607)から明和元年(1764)までの間に18回の架設が行われた。

〜文化財探訪ガイド(尾西市歴史民俗資料館)による〜

(左下の写真は同資料館に展示されている復元模型です。)


 へ