わらべ歌とナーサリー・ライム

鷲津名都江著

愛知県一宮市出身。芸名 小鳩くるみ

3才の時、こども音楽会で飛び入り出演し、40数人中1人だけ鐘が連打され、

名古屋代表に選ばれる。

1952年(昭和27)4才で日劇の舞台を踏む。「ぴょんぴょん虫」でデビュー。

小学校1年から6年間、雑誌「なかよし」の表紙を飾る。

都立青山高校、青山学院大学英米文学科卒業。

7年後、教育学科へ学士編入。大学院修士課程へ。

目白学園女子短大英文科講師となる。

マザー・グース研究家としてもよく知られ、ユニークな活動を続けておられます。

 へ