孤愁の岸

杉本苑子

講談社文庫

昭和37年、宝暦治水を描いた、長編歴史小説「孤愁の岸」が

刊行され、翌年、第48回直木賞を受賞した。


幕府の命を受け、濃尾三川の治水の大工事にあたった平田靱負(ゆきえ)ら

薩摩藩士の物語は、舞台でも上演され、森繁久弥が平田靱負を演じた。