HOME

2001年の見学会

2002年の見学会
2003年の見学会
2004年の見学会
2005年の見学会
2006年の見学会
2007年の見学会

2008.01.27.(日) かたやま酒店・旭屋酒店・梅田酒店 共催

平成20年1月27日(日) 今年も開運の土井酒造場見学会を実施しました。
参加人数は当店のお客様が39名、旭屋酒店さんのお客様が12名、
梅田酒店さんのお客様が3名の合計54名様。
天気予報は見事に外れ、曇り空の肌寒い一日となりました。

お蔵の皆様には、お忙しい中をご案内いただき、本当にありがとうございました。

@
恒例の 門前での記念写真
総勢54名のお客様が
参加されました。

今年も、東京、新潟、千葉、埼玉
神奈川、愛知など県外から
お越しになる方が多く
とてもうれしく思います。

もちろん、毎年のように
ご参加いただく、地元の方々も
ありがとうございました。
午前10時掛川駅を出発
バス2台での移動です。

来年から、このバスが
使えなくなるかもしれません。
何か手立てを考えなくては。
土井社長と波瀬正吉杜氏の
ご挨拶から、始まりました。
説明を聞く
参加者の皆様
波瀬さんとのツーショットを撮る
参加者の皆さん。
他に色紙持参でサインを
ねだる方もおり、まるで
アイドル並の人気です。(笑)
まずは精米の部屋で
精米機の説明を聞きました。
この時期は、24時間
稼動しっぱなしです。
精米された35%精米の
山田錦を皆さんに披露。
取って口に運ぶ人も
いらっしゃいました。
開運名物の
吟醸酒用洗米機。

勢いよく流れる水の力で
2%ほどの精米歩合の向上が
図れるそうです。
洗米後に干された山田錦も
手にとって見せていただきました。
甑(こしき)の説明を
していただきました。
甑とは、お米を蒸す機械です。
続いては 麹室(こうじむろ)
麹米にもやしをふる
ポーズをしていただきました。
すると一斉に皆さん
カメラを向けられます。
こちらは大吟醸の室です。
麹蓋による管理。
ここは見るだけでした。
洗米後に干されている
山田錦35%精米の掛米。
真っ白な輝きに
見とれてしまいます。
ここでも波瀬さんは
手にとって
説明して下さいます。
酒母タンクの中を
のぞかせていただきました。
バナナ様の香りが
印象的でした。
排水の浄化槽にて。
ヤブタ式搾り機の説明。
純米吟醸のモロミタンク
11日目で、ブクブクと
泡がたっていました。
こちらは
大吟醸のモロミです。
小仕込の500キロタンク。
こちらは750キロタンク
波瀬さんが、ひしゃくと
きき猪口を取り出し
なにやら汲んでいます。

これはひょっとして・・・
そうです。
搾る直前の大吟醸の
モロミを飲ませて
いただきました。
これは、蔵を訪れた者でも
なかなか体験できない
貴重な一口です。

モロミの粒々が口にあたり
独特の食感です。
とにかくマイルドで美味しい。
見学がひととおり終わり
続いては利き酒テストにチャレンジ
していただきます。
用紙を配るのは、うちの奥さん。
吟醸酒・純米酒・本醸造生酒
そして本醸造酒の4種類のお酒を
用意しました。
A・B・C・Dと1・2・3・4の
同じ酒同士を
結びつけるテストです。
まずはひととおり
お酒を利いてから
結びつけていただきます。
最後に大吟醸の酒粕を
お土産としてお配りしました。
甘酒の造り方を説明しています。

おかげでうちの奥さんは
バスの中で
“粕の人”と呼ばれていました。(笑)

NEXT

HOME